グーグルアナリティクスでお客様分析 初級~中級編

【公式】自社開発AIチャットボットと宿泊予約エンジン|トリプラ > グーグルアナリティクスでお客様分析 初級~中級編

グーグルアナリティクスを使用すると、例えば、人気の検索条件を調べることで、お客様の今の需要を把握することができます。

 

グーグルアナリティクスは、無料でサイトのアクセス解析ができるとても便利なツールですが、機能が多すぎたり、専門用語がわかりにくかったり、なかなかうまく使いこなせない人も多いかと思います。

 

抑えておきたい基本の操作確認方法から、triplaと連携して検索情報を分析する方法までをご紹介します。

“グーグルアナリティクス”とは

グーグルアナリティクスでできることの例

グーグルアナリティクスを開始するには。設定方法

グーグルアナリティクスの操作方法

サイト全体のアクセス数を確認する

ユーザー層を確認する

ページ別のアクセス数を調べる

サイトへの流入元(チャネル)を確認する

triplaと連携させる方法

部屋検索から予約完了までの、ページ別のアクセス数を調べる

検索情報を分析する

検索条件ごとの傾向を確認する

 

※グーグルアナリティクスの操作方法については、triplaのサポートチームではご回答できかねます。恐れ入りますが、グーグルにお問合せください。

 


 

“グーグルアナリティクス”とは

グーグルアナリティクスは、サイトのデータを収集しレポートをまとめる無料の分析ツールです。ユーザーのページ上での行動について情報が収集でき、ユーザーの興味関心を把握したり、サイトの改善点を見つけることができます。

 

 

グーグルアナリティクスでできることの例

① ユーザーによく見られているページはどこか

例えば、お部屋紹介のページと温泉紹介のページのアクセスした人数を比較することで、ユーザーの興味関心を知ることができます

 

② 予約エンジンのページごとのアクセス数はどれくらいか

例えば、部屋・プランの検索結果ページが表示された回数を調べることができます。

 

③ どんなユーザーが多いか(性別、年齢、興味関心、地域など)

例えば、どの都道府県から公式サイトを見ているのか確認できます。

 

 

グーグルアナリティクスを開始するには。設定方法

 

STEP1:Googleアカウントの作成

Googleアナリティクスの設定には、Googleのアカウント(Gmailアドレス)が必要です。まだ取得していない方は、アカウント作成のページに行き、氏名、メールアドレス、パスワードを入力します。

さらに詳しい設定方法はこちら(外部リンク)

 

 

STEP2:Googleアナリティクスの登録

Googleアナリティクスの登録を行います。こちらのページから「無料で利用する」→「測定を開始する」を選んでください。

さらに詳しい設定方法はこちら(外部リンク)

 

 

STEP3:トラッキングコードの設置

トラッキングコードとは、ユーザーがページを訪れたときの行動情報を収集するためのコードのことです。グーグルアナリティクスに表示されたコードをコピーして、ウェブサイトのHTMLファイルに貼り付けます。

 

または、Googleアナリティクスのトップページにある「管理」をクリックし、「トラッキング情報」→「トラッキングコード」のボタンを選択すると、先ほどのコードが表示される画面になります。

さらに詳しい設定方法はこちら(外部リンク)

 

 

STEP4:データが取れているか確認

登録したホームページを開きます。その上で、Googleアナリティクスの画面左にある「リアルタイム」→「概要」をクリックします。そこで「1」など0以外の数値が表示されていれば、データが取れているので、大丈夫です。

または、Googleアナリティクスのトップページにある「管理」をクリックし、「トラッキング情報」→「トラッキングコード」のボタンを選択すると、先ほどのコードが表示される画面になります。

さらに詳しい設定方法はこちら(外部リンク)

 


 

グーグルアナリティクスの操作方法

用語の詳細はこちら(外部リンク)

 

1. サイト全体のアクセス数を確認する

[画面左メニュー] > [ユーザー] > [概要]をクリックすると、画面右上で指定した期間内の公式サイトの情報が表示されます。

各項目の意味は以下の通りです。

ユーザー=サイトを訪れたユーザーの数

セッション=サイトへの訪問回数

ページビュー数=サイト内で読まれた記事の数

その他の項目の意味はこちらから(外部リンク)

 

 

 

2. ユーザー層を確認する

同じ画面のさらに下に[ユーザー層]があります。ユーザーがどこの国からサイトをみているのか、どこの都道府県からなのか、などが確認できます。各項目名をクリックすると、詳細が右側に表示されます。

 

 

3. ページ別のアクセス数を調べる

[画面左メニュー] > [行動]  >  [サイトコンテンツ] > [全てのページ]をクリックすると、画面右上で指定した期間内のページごとのアクセス数が表示されます。画面下の[ページ]に表示されているURLごとの詳細が表示されています。検索ウィンドウに確認したいページのURLを入力すると詳細が表示されます。

 

[セカンダリディメンション]を設定すると、さらに詳細が確認できます。例えば、セカンダリディメンションに[参照元]を追加し、予約完了ページのURLのアクセス数を見ることで、どこのサイトからの流入したユーザーが一番多く予約に至ったかが確認できます。

 

用語の詳細はこちら(外部リンク)

 

 

 

4. サイトへの流入元(チャネル)を確認する

[画面左メニュー] > [集客] > [全てのトラフィック] > [参照元/メディア] をクリックすると、画面右上で指定した期間内のアクセスがどこから来たのか、流入元を確認できます。

 

流入元は、主に以下の5種類があります。

① Referral = 別のサイトのリンクから流入

② Organic Search = GoogleやYahooなど検索エンジンから自然検索で流入

③ Paid Search = リスティング(有料)広告などから流入

④ Social = TwitterやFacebookなどのソーシャルメディアから流入

⑤ Direct = 特定のサイトがない直接のアクセスで流入

[Organic Search]や[Social]など項目名をクリックすると、さらに詳しい情報を確認できます。

 

 

 

triplaと連携させる方法

まずはトリプラ管理画面で、計測設定をします。施設の管理画面から、[設定] → [ウィジェット設定]→[設定]の順に選択します。[カスタマイズタグ]に、計測したいGoogle AnalyticsのプロパティID(UA-で始まる文字列)を入力し、保存します。

 

Google AnalyticsのプロパティIDの確認の仕方 

詳細はこちら(外部リンク)

① グーグルアナリティクス アカウントにログインします。
② 画面左下の[管理] をクリックします。
[プロパティ] の[トラッキング情報] >[トラッキングコード]の順にクリックします。
④トラッキングIDが確認できます。(UA-で始まる文字列)

 

設定方法マニュアルページはこちら

用語の詳細はこちら(外部リンク)

 

1. 部屋検索から予約完了までの、ページ別のアクセス数を調べる

以下の4つのページの各アクセス情報が、計測可能になります。

① 部屋・プラン・検索結果ページ

② お客様情報入力ページ

③ 決済情報入力ページ

④ 予約完了ページ

 

【方法】

① グーグルアナリティクスで[画面左メニュー] > [行動]  >  [サイトコンテンツ] > [全てのページ]をクリックします。(こちらと同じ手順)

 

② [アドバンス]をクリックします。

 

③ 検索キーワードに、以下のページコードを入力します。

※赤文字は、管理画面のURL(https://cm.tripla.ai/facilities/xxxx/)のxxxxに入っている数字(ホテルID)と入れ替えます。

 

部屋・プラン・検索結果ページを確認したいとき 

 /reservation-tripla/xxxx/search

お客様情報入力ページ確認したいとき

 /reservation-tripla/xxxx/guest-detail

決済情報入力ページを確認したいとき

 /reservation-tripla/xxxx/payment

予約完了ページを確認したいとき

 /reservation-tripla/xxxx/confirmation

 

④ [適応]をクリックします。

 

 

2. 検索情報を分析する

部屋・プラン・検索結果ページでは、ユーザーがどんな検索条件で検索をしたかを、確認できます。どんな検索条件が多かったか、傾向を見ることで、ユーザーのニーズを探ることができます。

 

【方法】

① グーグルアナリティクスで[画面左メニュー] > [行動]  >  [サイトコンテンツ] > [全てのページ]をクリックします。(こちらと同じ手順)

 

② [アドバンス]をクリックします。

 

③ 検索キーワードに、/reservation-tripla/xxxx/searchを入力します。

※赤文字は、管理画面のURL(https://cm.tripla.ai/facilities/xxxx/)のxxxxに入っている数字(ホテルID)と入れ替えます。

 

④ 検索結果が表示されます。

 

⑤各検索結果に表示されているURLの内容を見ることで、検索された条件の内容が確認できます。アクセス数が多かったURLの検索条件を見ることで、需要の多い検索内容が確認できます。

 

例えばURLが、url=https://tripla.jpi&checkin=2019/08/22&checkout=2019/08/23&adults=4&children=0&rooms=2&ages=の場合、以下の内容で検索されています。

url=https://tripla.jp 検索されたページのURL

checkin=2019/08/22  チェックイン日の検索条件

checkout=2019/08/23 チェックアウト日の検索条件

adults=4 大人人数(合計)の検索条件

children=0 子供人数(合計)の検索条件

rooms=2 部屋数の検索条件

ages=12,7 子供の年齢

 

 

3. 検索条件ごとの傾向を確認する

例えば、先月どんな検索条件が一番多かったか、日ごとだと何人検索したかなどを、確認できます。

 

【方法】

①ページの一番上[エクスポート]を選択します。※画面に表示されている情報しかエクスポートされないため、エクスポートを選択する前に、画面下の表示する行数から[5000]を選択し、全ての結果を表示させてください。

②CSVを選択します。

③ダウンロードされます。保存します。

 

④CSVで、ピボットを使用して適宜必要なデータを集計します。


特集記事「予約率250%アップにつなげる”会員機能”活用のコツ」はこちら